美肌と便秘の関係

女性に多い便秘。
この悩ましげな症状が原因で、にきびになったり、お肌がアレてしまう原因の一つになるおそれがあるために注意が必要です。

まずは、放置せずに、対処することが重要になります。
しかし、便秘波長の悪玉菌を増やし、肌荒れや肌老化を進行させる上、大腸がんの原因にもなります。

そのために、生活習慣を心がけることが重要になると思います。ッと言っても、けっして難しいことではなく、至ってアタリマエのことなんですが、まずは1日に3食食べること。

規則正しく食事を摂ること。
もちろん、栄養分のことを考えた食事プランを考えたい所。

腸のリズムを狂わさないことがとても大切で、食物繊維を取ると良いと割れていますが、むやみにとってしまうとお腹が張ってしまう人も多い。そこで、水溶性物質繊維と不溶性食物繊維のバランスを考えた食事を採ること。

水溶性の食物繊維は昆布、わかめ、りんご、金管、アボカドなど。不溶性の食物繊維はいんげん、玄米、キノコ、ゴボウ、カボチャなど。

ベストなバランスはというと、不溶性と水溶性を2対1出とるのが良いとされています。水溶性が不足しやすいので注意も。

後、便秘の予防改善には、運動が一番と言われているために、一日に20~30分以上のウォーキングを心がけるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。