白ニキビと化粧品

私が悩まされていたニキビは炎症性のニキビで、化膿性が強いタイプ。そのために、ニキビが発症した後でも、赤い炎症が残っていたので、かなり悩まされていました。

この化膿ニキビにぶぶら邁進がオススメだと思います。
炎症をおこす原因も毛穴の毛穴の中にアクネ菌が増加するからです。この菌を抑えてくれるのがビブラマイシンの役割になるんですね。

ニキビの医薬品、化粧品もうまく使い分けることが大事になりますね。

たとえば白ニキビなどはアクネ菌も少ないために、医薬品を使わずに、化粧品だけでも対応できるかもしれません。

まず、白ニキビを潰して、中の脂質やよぼれを出してからきちんと洗顔し、アルコール分を多く含む収斂性のある化粧水でよくパッティングすることが大切になります。

その後に、殺菌作用のある化粧水を使います。
できれば毛穴をきゅっと引き締めてくれるような化粧水を選びたいものです。

海外では、アストリジェントという成分が含まれている化粧水を使っています。こちらは殺菌、消炎効果に優れているとして、長年愛用されていますね。

あとは、白ニキビ対策としてピーリング効果のあるグリコール酸や、表紙のターンオーバーを促進するレチノールなどを配合した洗顔料やろションなどを使って、各室ごとにニキビを取り除くという方法もあるみたいですね。

うまく使い分けることが大事になるとおもいます。

白ニキビと化粧品」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。