毎日の意識でシワを作らないようにする

ニキビをケアするために「ビブラマイシン」を使っているのですが、あくまでも、ニキビ跡をキレイにする作用があります。

でも、ビブラマイシンはシワを落とす効果まではないために、毎日のように意識しなくてはいけないのが習慣的にお肌のことを考えることです。

年令を重ねるにしがたい、気になるのが顔に刻まれるようなシワ・・・。本当に辛くなる。どうにかしてほしいと思うのですが、これがまたなかなか難しい。同じ年令なのに、シワの多い人もいれば、少ない人もいます。

年齢の割にし和っぽい人は、表情のクセが原因で、余計なシワを作っているかもしれない。

例えば、まゆげを上げ下げするくせのある人は、額や眉間にしわがよりやすくなり、口をぎゅっと結ぶ癖がある人は、口元にシワができやすくなる。

それから、左右どちらかのシワが深い人は、どちらか片方だけの筋肉を頻繁に動かしている証拠だそうです。なんだか、ちょっとした事なんですが、ちりも積もればという感じで、徐々に起こってしまうわけです。

後は、口元を歪めたり、眉をひそめるなど、悪い表情をクセを見つけたら、極力しよ内容にすること。すぐにシワが起こるわけではありませんが、10年後、20年後の顔が全く違ってきますので、意識的にシワが起こらないようにい普段から考えておくことでも、変わるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。