寒い時期はお肌が荒れやすいので注意

寒い時期になると、湿度が下がるために、どうしても体が乾燥しやすくなります。すると、体の末端に当たる手足の血液の流れが悪くなり、栄養が行き届かなくなり、セラミドも作られなくなる。これが乾燥肌の一つの要因とされています。

また、露出しているため、外出刺激を受けやすい部分であることも理由としてあげられている、そのため、肌の側面、足の前面、腰などの伸びは、乾燥により痒みが出やすいために注意したいもの。痒みが起こることで、自然とかいてしまう。すると、お肌がアレてしまいます。

セラミドが減少すると角膜層の柔軟性がなくなり、角質細胞の間に隙間ができて、関節を負けた時にそこから刺激が入りやすくなる。っ更に伸縮は衣類と擦れやすく、刺激を受けやすいことも有り、痒みが生じやすくなるので、手を洗った後や風呂あがりの時には保湿クリームを塗ること。

そこまで保湿クリームについてこだわることはありませんが、ただ毎日かかさず塗ること。とくに、足の踵やヒザ、肘などを念入りに塗ることで、乾燥肌やかゆみを抑えてくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。